生き様を背中で見せる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「誤解されているときには、
これからの『生き様』を
見せることで誤解を解く。
『いつかは分かってくれる』
と信じられれば、
弁解や言い訳がずいぶん
減っていく。」

 

(小林正観 心理学者)

 

長い人生を生きていると、心ない中傷を受けたり、
誹謗されたりすることがあるものです。

恐らく人がメンタルを病む原因の上位にくるのが、
こうした心ない誹謗中傷にさらされることでは
ないでしょうか。

世の中には、そのことを苦にして命を絶つ人さえ
いるのです。

もしもどんなにつらくても前を向いて
生きていこうと思えるなら、
あなたがやるべきことは1つだけです。

それは無理に人の誤解を解こうとして
もがくのではなく、自分という人間を
生き様として背中で語ることです。

もちろんそれは口先で言い訳することに比べたら、
決して生易しいことではありません。

しかしだからこそ、やり甲斐があるのです。

悔しさや怒りという負のエネルギーを
燃料にできれば、ノホホンと日々を
送っている人の何百倍のスピードで
実力を蓄えて、成長の階段を登って
いくことができます。

これは文字通り、人生を懸けた伸るか反るかの
大勝負なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す