ライバルの成功を願う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「最悪の状態で
戦えなければ、
男ではない。
相手の不運を
期待した瞬間に、
運は逃げていく。」

 

(藤沢秀行 棋士)

 

2005年の「アメリカンエクスプレス選手権」
の最終日のプレーオフ、
タイガーウッズは相手選手が
パターを打つのを見守っていました。

もしもここで相手がパットを外せば、
自分の優勝が決まります。

普通だったら「外せ!」と念じる場面です。

にもかかわらず、タイガーは
「外せ!」ではなく
「入れ!」と
相手の勝利を念じたのです。

このあたりは、私たち凡庸な人間には
とうてい理解しがたいところです。

「もしも“外せ!”と念じて、
パットが入った場合、
落胆した気持ちを引きずったまま
マイナスの戦いを強いられることに
なる。
しかし“入れ”と念じて相手が
勝ったとしても、ポジティブな
気分のまま次のプレーに入れるのだ」
というのがタイガーの考えでした。

つまり相手の失敗を願って
転がり込んできた勝利は、
「拾いもの」という印象が
ぬぐえず、
どこか引け目を感じ続ける
ことになります。

しかし相手の成功を願いながら
つかみ取った勝利であれば、
天に恥じることなく
堂々としていられるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す