期待を手放す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「相手に多くを求めない。
相手を自由にすること。
それが関係を続けること
です。」

 

(加藤諦三 心理学者)

 

他者に対する不満やグチが生まれる原因を、
あなたはご存じですか。

答えは「相手への期待」です。

いくら口で「あんな奴には何も期待していないよ」
と言ったところで、不満やグチが出てくるということは、
なにがしかの期待が残っているのです。

もしもあなたが心穏やかに生きていきたければ、
すべからく他者への期待を手放すことです。

「他者への期待を手放す」と聞くと、
何やら冷たい人のように感じるかもしれません。

まったくの逆です。

「他者に期待してしまう」心理の根底には、
相手を意のままに動かしたいという
「支配欲」が潜んでいます。

つまり他者に抱く不満やグチは、
思い通りにコントロールできないことへの
いらだちに
起因しているのです。

しかし、あなたにはあなたの人生があるように、
他者にも他者の人生があるのです。

そのことがしっかりと腑に落ちていれば、
他者に過度の期待を抱くことはありません。

そのような心境に至れば、
人間関係はもっと楽になるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. きりりん より:

    これ、すごく分かります。
    最近娘たちに感じていた事です。彼女たちには、彼女たちの人生があって、私の思い通りには行かないって、そう考えようと努力していたところでした。名言ではっきり言ってもらえて、諦め(笑)がつきました。とても良いタイミングです。ありがとうございます。

コメントを残す