自然の摂理に従う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自然と宇宙の法則に
反していることを除いて、
私たちに不可能なことは
ありません。」

 

(エミール・クーエ 心理学者)

 

書店に行くと、「教養本」「勉強本」
棚の一角を占めていることに気づかされます。

今、世は勉強ブームということなのでしょう。

ところで勉強というのは、人が幸せになるために
するものです。

であれば、偏差値の高い学校を出た人ほど
幸せになっていなければおかしいということになります。

ところが、世の中はそう単純ではありません。

偏差値の高い学校を出ているにもかかわらず
不幸になる人もいれば、高い教育を受けて
いなくても幸せになる人もいます。

その違いを分けるのは、「自然の摂理」を
わきまえているか否か、だと思います。

自然の摂理の主立ったものを挙げると、
「一切は帳尻が合う」「因果応報」などが
あります。

いずれも誰もがどこかで聞いたことがあるような、
単純な知識です。

しかし、「知っていること」「できていること」
は違います。

自然の摂理という「原理」から「原則」を
導き出し、実生活に応用するには
相応の知性が求められるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. きりりん より:

    今日の内容を理解して実践するのは、ハードル高いですね。
    自然の摂理…心に留めておきます。

コメントを残す