ミッションに従う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「利益を出すことは、
企業の目的ではありません。
利益はあくまでミッションを
実現させるための手段です。」

 

(岩田松雄 経営コンサルタント)

 

長期的に生成発展しない、
ビジネスの特徴があります。

それは目先の利益を出すことに
汲々(きゅうきゅう)として、
その延長線上にある未来を
忘却してしまっていることです。

だから、つまらない商品をお客様に
高額でだまして売りつけ、
そのままとんずらするようなマネが
できるのです。

当然、お客様からは恨みを買います。

そのお客様は、だまして商品を売りつけた
悪徳業者のことは死ぬまで忘れません。

心の中のブラックリストにしまい込み、
取引対象からは永久削除してしまうのです。

それに対し、長期的に生成発展していく
ビジネスでは、これと逆のことをしています。

たとえば、自社の商品を買った
お客様を笑顔にする」
ことを
ミッションに掲げる会社があるとします。

すべての決定は、そのミッションに
照らして行なわれます。

だから、手っ取り早く稼げる案件が
目の前に転がっていたとしても、
それがお客様の不利益につながると
判断すれば、即座に却下します。

そうした企業の姿勢は、
当然お客様にも伝わっています。

だから、いつまでもリピーターとなって
離れないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す