短い時間で成果を上げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人より一時間よけいに
働くことは尊い。
努力である。
勤勉である。
だが今までよりも
一時間少なく働いて、
今まで以上の成果を
上げることもまた尊い。」

 

(小宮一慶 経営コンサルタント)

 

① 毎日5時間勉強して試験に
   不合格した人。

② 毎日5時間勉強して試験に
  合格した人。

③ 毎日2時間勉強して試験に
  合格した人。

上記の中で、もっとも避けるべきは、
当然ながら①の事例です。

なぜなら、試験に不合格したことで、
膨大な試験勉強時間を無駄にして
しまったからです。

では②と③について、
あなたはどう評価するでしょうか。

手にした結果は、両者とも一緒です。

しかし、投じた時間(資産)で
比較すると、
③は②の2/5の量で同じ結果を
出したことになります。

仕事量で比較すると、③は②の
2.5倍に相当します。

同じクオリティの仕事を仕上げるのなら、
当然仕事が速いほうに価値があるに
決まっています。

もちろんロクに仕事ができないうちから、
速さを求めても仕方がありません。

まだ未熟な段階では、正確で丁寧な
仕事を心がけるべきです。

しかし、ある程度仕事に慣れてきたのに、
速さを追求しないのは怠慢です。

「時間をかければいいものができる」
というのは、怠け者の言い訳です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す