嫌いだけど好き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「プロは練習が嫌いに
なるくらい練習するのが
当たり前。だから、
僕は練習が嫌い。」

 

(中田英寿 元プロサッカー選手)

 

プロとアマでは練習に対する
モチベーションがまったく違います。

いわば、「好きだから練習する」のが
アマ。

ひたすら「自分を磨くため」に練習する
のがプロです。

プロにとって、練習は遊びではないからです。

どんなに好きでプロを志した人でも、
一度はその道が嫌いになります。

アマでいる間は、その道のいい面だけと
付き合っていれば良かったのが、
プロになるとイヤな面とも付き合わなければ
ならないからです。

綺麗な部分も汚い部分も直視した上で、
それでもなお「前に進もう」とする人だけに、
プロの門が開かれるのです。

これは、恋愛も同じです。

相手のいい面だけに惚れるのが、恋。

相手のいい部分もイヤな部分も含めて、
トータルで惚れるのが、愛です。

恋がいつかは冷めるように、アマチュアの熱も
いつまでもは続きません。

しかし、その道に人生を捧げると決意した
プロは、酸いも甘いも噛み分けながら
愛をまっとうするのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す