余力を残す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人は自分のもてる力
の二割しか使わずに
死んでいくという話を
聞いたことがあります。
自分では『全力を出し切った
最高の人生だった』と
思っても、八割の力は
使い残しているんだ
そうです。
つまり、ほとんどの人が
まだ本当の自分の力に
気づいていない
ということです。」

 

(原田伸郎 書家)

 

「火事場の馬鹿力」というのは、
本当に存在します。

たとえば2階から落ちてくる我が子を、
母親の細腕でキャッチした、
という話には枚挙に暇がありません。

ところが「火事場の馬鹿力」には
代償がつきもので、
骨や筋肉に
異常な負荷がかかるため
大けがを
負ってしまうこともある
そうです。

また事業家の斎藤一人さんは、
「仕事は6割の力で行え」
教えているそうです。

自分の仕事に100%を
出し切ることを
続けていると、
心身に不調を来たして

運にも見放されるのだとか。

もちろん斎藤一人さんは、
「手を抜くこと」を教えている
のではありません。

ではこの矛盾を解決するには、
どうすればよいのでしょうか。

答えはシンプルで、日々の努力で
自分の実力を底上げしていけば
いいのです。

そうすれば「6割」の力しか出していない
つもりでも、従来の8割、10割の成果を
手にすることができるようになるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す