初戦で勝つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「確実に勝ちたければ、
初戦に圧倒的に大戦力を
一気に投入し、短期間で
優勢を決定的にする。
これが今も昔も変わらない
戦場の鉄則だ。」

 

(内藤誼人 心理学者)

 

幕末の頃に、京の街を震撼させた
新撰組をも怖れさせた剣術流派があります。

それは薩摩の示現流(じげんりゅう)
です。

薩摩藩の御留流(おとめりゅう)として、
他流試合を禁じられていたため、
他国の武士には長らくその存在が
秘匿されてきました。

示現流の特徴は、「初太刀で勝つ」
という気組みにあります。

すなわち素早く飛び込み、全身全霊をかけた
一撃で敵を倒すことに特化した、
超実戦的な剣術なのです。

示現流の太刀筋の鋭さには、
さしもの新撰組も手を焼いたと
言われています。

何しろ初太刀の一撃を鍔元で受けたら、
そのまま押し切られてしまうほどの
威力があるからです。

だから「薩摩の初太刀は外せ」というのが、
新撰組の基本戦術でした。

一本を取ることを目的とし、
技の有効性を競い合う現代剣道
ならともかく、命のやりとりを
目的とする古流剣術においては、
初太刀で相手を制して主導権を握る
ことがいかに大切かということが
分かる逸話です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す