仕事の青写真をもつ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「不安や迷いを抱えたまま
仕事を進めてしまっては、
時間内で終わるはずの
仕事も終わらないのは
当たり前です。
不安や迷いが思考の邪魔
をして他の考え事をする
ときまで影響を及ぼして
しまう。」

 

(佐々木正悟 心理学者)

企画書を作成するとき、いきなりPCに
向かってから書き始める人がいます。

前年踏襲の日付と企画者の名前を打ち換えて
コピペするだけの安直なものなら、
それでもいいでしょう。

しかし新たな企画を立ち上げるのであれば、
企画書を作成する前にやるべきことがあります。

それは企画の全体像を、先に頭の中に
構築してしまうことです。

それさえできてしまえば、あとはPCの
キーボードを叩くだけの機械的な作業です。

ほとんど頭を使わず、あっという間に
完成させることができます。

おそらく企画書を書くのに苦労している人は、
この前段階をすっ飛ばして、いきなりPCに
向かっているに違いないのです。

では企画の全体像を、どのように頭に
構築すればいいのでしょうか。

天才であれば頭の中のスクリーンに、
青写真を描くこともできるでしょうが、
凡人はそういうわけにもいきません。

その代わりにA4用紙とペンを使って、
アイディアをひたすら書き殴りながら、
全体像を明確にしていくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す