価値観の違う人と付き合う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分と違う価値観の
人と接するのが、
一番自分を成長させる。」

 

(武田双雲 書家)

 

人間社会によく見られるのが、
「つるむ」という現象です。

似たような価値観をもつ人々が集い、
「安心していたい」という
ただそれだけの目的のために、
共に同じ時を過ごします。

しかしつるんでいる人たちの中から、
大きなことを成し遂げる人が出てこないのも、
また事実なのです。

なぜなら皆が同じ価値観の元に
行動しているので、
摩擦が起こらないからです。

それどころか、周囲の和を乱さないように
努めるので、ますますおとなしく縮こまって
しまいます。

こうして人間のスケールも、
知的レベルも縮小していって
しまうのです。

それに対し、価値観の違う人と交流すると、
カチンとくることの連続です。

正直心地よい環境ではありません。

だからこそ、人はさらに自分を
成長させようとするモチベーションが
生まれてくるのです。

もう1つ人を成長させる方法があります。

それは価値観の異なる本を読むこと
です。

価値観の異なる著者の本を読んでいると、
カチンとくることの連続です。

でも、だからこそ新たな視点を獲得でき、
知的レベルが上がっていくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す