行動するからやる気が出る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「やる気になれない
理由は一つ、
行動していないからだ。
人間はやる気になったから
行動するのではない。
行動するからやる気が
出てくるのだ。」

 

(スティーブ・チャンドラー 経営コンサルタント)

 

物事を継続させるコツは簡単です。

最初の1歩の行動のハードルを、
極限まで下げてしまうことです。

たとえば勉強の習慣がなかなか定着しない
と言う人は、行動のハードルがその人にとって
高すぎるのです。

「毎日30分勉強する」から、
とりあえず「小問を1問解く」まで
ハードルを下げてみるのです。

そうすると人間は不思議なもので、
「あと少し」と欲を出してしまい、
「気づいたら30分が経過していた」
ということも起こりうるのです。

もしも「小問1問を解く」ことでさえ
ハードルが高いというのなら、
「問題集を眺める」だけでも構いません。

そうすれば「せっかくだから1問くらい
解いてみよう」
となり、行動してしまうのです。

もしもどんなにハードルを下げてもやる気が
出てこない
というのなら、
その行動を潔く諦めてしまうことです。

「あなたの生きる場所は他にある」と
自然の摂理が教えてくれているのだから、
そのアドバイスに謙虚に従うべきです。

自分に合わない行動を無理に続けようとする人は、
どんどん不幸になっていくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す