本質をつかむ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「四六時中、全力疾走して
いては持ちません。
ここぞという頑張るときに
頑張ればいいだけの話で、
いつも全力投球していたら、
逆につぶれてしまいます。」

 

(岩田松雄 経営コンサルタント)

 

本好きの人であれば、一度は「速読」
について関心を持ったことがあるのでは
ないでしょうか。

「もっと速く本を読めれば、
もっとたくさん本を読めるはずだ」
という単純な理屈だけのために。

ところが、速読についてはその有効性を
主張する人と、否定的な意見をもつ人の
2通りに分かれます。

私はどちらの意見にも一理あると思っています。

たとえばロクに本も読んだこともない人が、
付け焼き刃的に速読のテクニックを学んでも、
たいしてレベルアップは見込めないと考えています。

なぜなら、速読の本質は
「文章の要点を素早くつかむ」
ことに
あるからです。

一読してサッと文章のエッセンスを
つかむ力がなければ、どんなに速読の
テクニックを駆使したところで、
何も頭に残りません。

むしろ速く読めば読むほど理解力が低下して、
「本を読んだ分だけ時間を無駄にした」
という結果になるのがオチです。

「急がば回れ」で、文章の本質を
正しくとらえる訓練を積んでいけば、
結果として本を速く読めるように
なります。

そうした人にとっては、速読は極めて有効な技術
なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す