未来から逆算する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「目標と期限を設定
したときに、
未来においてそれを
達成しているのであれば、
『今の自分はどうでなければ
ならないか?』
ということを想定する
のです。」

 

(苫米地英人 心理学者)

 

自己啓発書などでは、
「自分の理想の未来を思い描け」
などと書いてあります。

しかし自分の理想の未来をリアルに
思い描き、達成感に浸っていても、
それだけでは妄想に耽っているのと
一緒で何も起こりません。

なぜなら「もう自分は達成したんだ」
という謎の安心感が生まれてしまい、
行動を起こすための推進力が削がれて
しまうからです。

自己啓発オタクと呼ばれる人の中には、
こうした失敗例が数多く散見されます。

このような陥穽に陥らないためには、
夢実現から逆算した「現時点の」
あるべき姿をリアルに思い描く
ことです。

たとえば「夏までに5キロ痩せた自分」
というのが理想の姿だとすれば、そのためには
「間食をやめる」「筋トレをする」
「有酸素運動をする」
などの行動を
現時点で起こしていなければなりません。

そうした行動を、義務感で
イヤイヤこなすのではなく、
「嬉々として楽しみながら」
実践できている自分の姿を
リアルに思い描くのです。

その結果として、理想が引き寄せられて
くるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す