勝負の土俵を選ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「才能だと思われているものは、
ほとんどの場合は『環境』の
産物です。
たまたま、その人が自分の
可能性を開花させることが
できる環境にいただけの話
なのです。」

 

(安井元康 経営コンサルタント)

 

たとえば、元メジャーリーガーのイチローを評して、
「イチローであればビジネスマンとしても
一流になれただろう」
と言う人がいます。

確かにあれほどの能力や人間性が備わっていれば、
その可能性は高いと思います。

しかし、彼が野球に注いだほどの情熱を
他の仕事に注ぐことができたかどうかは
分かりません。

イチローはやはり野球という土俵で
勝負したからこそ、世界に名を残すことが
できたのです。

私たちの人生においても、同じことが言える
のではないでしょうか。

企画部門で活躍できる人が、事務畑に行っても
まったく使えないかもしれません。

逆に、事務畑でバリバリの人が、営業部門に
回されたら途端に劣等生に落ちぶれてしまうかも
しれないのです。

現状、輝いて見える人は、
土俵選びを間違えなかったというだけ
のことです。

もしも、ご自身の人生がくすぶっているように
感じるとしたら、そろそろ勝負の土俵を変える
べき時なのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す