付き合う人を選ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「国際級のすごい
ソリストを入れても、
中に1人ヘタな人間が
いると、アンサンブル
としての実力は
そのレベルに下がって
しまう。
オーケストラも一緒。
会社も一緒だと思う。」

 

(久石譲 ピアニスト

 

子どもの教育は環境で決まる
という考え方を実践した
古代中国人の女性がいます。

彼女は思想家として名高い
孟子の母親です。

彼女は幼い孟子のために、
三度引っ越しを行い、
息子の教育環境を整えたと
言われており、「孟母三遷」
の故事として知られています。

つまりそれほどまでに私たちの人生は、
誰と付き合うか、誰と一緒に過ごすか
によって強い影響を受けている
ということです。

アメリカの起業家ジム・ローンも
こんな言葉を残しています。

「あなたは最も一緒に過ごす
時間の長い5人の友だちの
平均になる」

この言葉のポイントは、
「平均になる」という部分
です。

たとえばどんなにすごい友だち
4人がいたとしても、
ろくでなしの不良1人と付き合うことで、
その効果が相殺されてしまう可能性も
あるということなのです。

「いい人」はそういうろくでなしの
友だちを見捨てられず、
自分の力で変えてやろうと頑張ります。

しかし哀しいかな、
テレビドラマのような感動の展開は
現実には起こらないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す