できないのはやる気がないからだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「多くの人がおかす過ちは
『私にはできない』と言う時、
実は『やってみる気がない』

と言っているのだと気づかない
ことです。
自分に何ができるかはやって
みないとわからないのです。
『できない』は『やる気がない』
という意味です。
『私は集中できない』
とは
言わないで下さい。
それは『私は集中するのを
拒否します』と言っているのと
同じです。」

 

(セロン・Q・デモン 弁護士)

                   

 

「本を読みたいけど時間がない」

「運動したいけど時間がない」

そうやって、「時間がない」ことを言い訳にして、
「変わること」を拒み続ける人がいます。

しかし、厳しいことを言うようですが、
「時間がない」というのは単なる言い訳に
過ぎません。

なぜなら、どんなに時間がないあなたでも、
食事や入浴、テレビやネットに割く時間は
あるはずだからです。

だから、自分に欠けているのは
「時間」ではなく「やる気」だ
ということを、潔く認めるべきです。

もちろん、ここで私は「やる気」がないことを
責めているのではありません。

「やる気」がないことにしがみつくのをやめて、
「やりたい」ことだけで人生を埋め尽くしてはどうか、
と提案しているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す