数字を意識する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「どうしても売り上げを
上げなければならないとき、
どうするか?
答え=売上計画書の数字を
暗誦します。」

 

(神田昌典 経営コンサルタント)

 

巷の自己啓発書を開くと、
決まって「目標を持て」という言葉
が出てきます。

では、目標を持つことには
どれほどの
効果があるのでしょうか。

ハーバード大学が10年かけて
調査した結果によると、
目標を紙に書いていた3%の学生は、
目標を書いていない
残り97%の学生の10倍もの
年収を手にしていたのだとか。

とまあ、ここまでは誰もがどこかで
聞いたことのある有名な話です。

そこからさらに突き抜けた
結果を
手に入れたければ、
目標を紙に書くだけでは
いけません。

目標を書いた紙を持ち歩き、
常に見返すことです。

しかし、事業が火の車で
にっちもさっちも行かない場合、
紙を持ち歩くだけでは不十分です。

紙を持ち歩くだけではなく、
数字をきちんと暗誦できるくらいに
アタマに叩き込むのです。

朝起きたら数字を眺めて、
昼間仕事をしているときも
ヒマさえあれば
紙を取り出して
数字を意識します。

さらに就寝前の布団に入って
目をつぶる前に、
計画書の数字を暗誦し、
目標を達成した
自分を思い描いて眠りに就く
のです。

夢の中に数字が出てくるくらいに数字が
脳裏に刻み込まれた頃には、
あなたは幸運を手にしているはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す