自分の才能の生かし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あっさりと夢をあきらめて
しまい、
あとになってそれを
後悔する人があまりに多い。
生計を立てる仕事に打ち込む
ことは重要だが、自分が情熱を
感じる対象を捨てる必要はない。
仕事であれ、趣味であれ、
本当に大好きなことをして
過ごす方法を見つけるべきだ。」

 

(ジェフ・ケラー 弁護士)

                   

 

「自分には才能なんてない」

「才能があるのは一握りの天才だけ」

そう考えて、自分の才能に目を背けて生きている
人のなんと多いことでしょうか。

もちろん、超一流のプロ野球選手や、
大企業を興す経営者や、
超売れっ子アーティスト
になれるのは、
ほんの一握りの逸材だけです。

そんな人たちと比較したら、自分の才能など
「微々たる」ものかもしれません。

しかし、もしもあなたが幸せな人生を
送りたいと本気で願うならば、
たとえ1%だけでも自分の才能を
生かす道を考えるべきです。

もしも、あなたが画家になれなかったとしても、
今の仕事にその画才を1%生かすことなら
できるはずです。

もしも、あなたが作家になれなかったとしても、
今の仕事にその文才を1%生かすことなら
できるはずです。

「単体の才能」で勝負できなくても、
「複数の才能」を掛け合わせれば
勝負できる場所が見つかるかも
しれません。

そうやって自分の才能を生かすことこそが、
「自分の人生」を生きることに他ならない
のです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す