マイナスな時間の過ごし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人生マイナスなときは、
自分の学びのチャンス。
何かを失ったときは、
生き方を見直すチャンス。
命を奪われたりすること
以上に、怖いことなんか
ないから、絶対に笑って
やり過ごせるはず。
私だって、本当に
死ぬかもしれない難病
だって言われたけど、
頑張って仕事も続けて、
今笑って生きています。」

 

(さかもと未明 コメンテーター)

 

誰しも逆境はいやなものです。

辛い思いをするよりも、笑っていたいし、
周りからチヤホヤされていたいものです。

しかし考えてみてください。

あなたの人生がずっと順境続きだとしたら、
あなたはどうなってしまうでしょうか。

おそらく身も心も弛みきって、
人の良さがとりえなだけの
昼行灯に成り下がるのがオチ
ではないでしょうか。

「そんなことはない。
自分は順境にあっても、
きちんと生きてみせる」
と、
あなたは反論するかもしれません。

しかし人は弱いもので、
満たされた環境があれば安楽に
流されてしまうのが世の常です。

むしろ人が大きく成長するのは、
逆境にあるときではないでしょうか。

やること為すことが裏目に出て、
周りから取り残されて孤立無援の
立場に身を置くからこそ、
本気で精進する気構えが生まれるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す