冬の時代の過ごし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「悪い時が過ぎれば、
良い時は必ず来る。
おしなべて、事を成す人は、
必ず時の来るのを待つ。
あせらずあわてず、
静かに時の来るのを待つ。
春を待つ桜の姿と言えよう。
だが、何もせずに待つことは
僥倖を待つに等しい。
静かに春を待つ桜は、
一瞬の休みも無く力を
蓄えている。
蓄えられた力がなければ、
時が来ても事は成就しない
であろう。

 

(松下幸之助 事業家)

 

人生において、何をやっても
うまくいかない時期のことを、
草木も枯れて花も咲かぬ冬になぞらえて、
「冬の時代」と呼びます。

捲土重来(けんどちょうらい)を期すためには、
この冬の時代をどう過ごすかにかかっている
といっても過言ではありません。

時節の訪れと共に、再び輝きを取り戻す人たちは、
冬の時代にコツコツと種まきに勤しみます。

凍える大地に向かって、じっくりと根を張ること
だけに専念するのです。

世の中の仕組みは、実にシンプルです。

粛々と種まきを続けてきた人には、
花々が咲き乱れる楽しい春の訪れとなります。

一方、何もしてこなかった人には、
花1つ咲かない寂しい春の訪れとなるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す