アフター5の生かし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「会社が終わった後の
自由な時間ちゅうのはな、
自分がこれから成功していく
ために『自由に使える時間』
なんや。」

 

(水野敬也 小説家)

                   

 

「働き方改革」という言葉が、
すっかり世の中に定着して久しくなりました。

しかし、「働き方改革」の本質について
理解している人はまだまだ少ないのが現状です。

「働き方改革」とは、勤務時間を減らす
ことで労働者の負担を減らすことが
目的ではありません。

「勤務時間を減らしつつも、仕事の質を
さらに向上させよ」というのが、
「働き方改革」の本質です。

勤務時間を増やして成果を上げることなら、
誰でもできます。

しかし、勤務時間を減らして、
なお且つ成果を上げるためには、
「生産性」を向上させなければなりません。

すなわち、「残業をやめることによって
生まれる時間を自分磨きに使いなさい」
というのが、「働き方改革」の真の狙い
なのです。

定時退社して、アフター5をダラダラ遊びほうける
だけの人間は、どんどん淘汰されていきます。

アンテナが立っている人間は、
遊びに出かけた先でも、さりげなく
市場調査や流行をキャッチして、
仕事に生かそうとするものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す