負け方の作法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あなたは負け方を学ばなければ
ならない。
それは時に、勝つ方法よりも
重要だ。
いつも勝者になれると思って
いたら、負ける度に心を乱し、
誰かを責めることになる。」

 

(マーク・ワインスタイン 投資家)

 

負けたときにあなたが為すべきことは、
自分の弱さをきちんと受容することです。

自分の「ダメさ加減」をきちんと見つめる
ことができた人だけが、人生の勝者になれる
のです。

負けず嫌いの人は、「今回はたまたま負けただけ」
「本気を出せば勝てる」
などと、
自分を納得させる言い訳に終始します。

だから、いつまで経っても弱者から抜け出せない
のです。

真の強者とは、連戦連勝で負け知らずの人のことでは
ありません。

負けの悔しさを味わい、自分の弱さをきちんと
認める
ことができた人のことです。

人は勝ち続けると油断が生まれ、知らず知らずのうちに
傲慢になります。

人は負けることを通して等身大の自分を知り、
成長を目指して努力し続けることができる
のです。

あなたが将来、真の強者になることを目指すならば、
負けっぷりを美しくすることです。

たとえ惨敗したとしても決して下を向かず、
勝者のように堂々と前を向いて歩き続ける
ことです。

その姿勢を忘れない限り、あなたが負け犬のまま
で終わることだけは絶対にありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す