強みの育て方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分の強みを発見して
超一流に育てろ。
武器を持たずに戦って
勝てるわけがない。」

 

(安部徹也 経営コンサルタント)

 

「自分の強みを伸ばせ」という言葉を
あちこちで耳にするようになりました。

恐らく、あなたもどこかで聞いたことが
あるでしょう。

しかし、その割に自分の強みを伸ばして
活躍している人の話が聞こえてくることは
ありません。

自分の強みが分かっていない人は論外として、
自分の強みが分かっているのに勝てないと
いう嘆きの声も聞こえてきます。

彼らに足りないのは自己分析です。

自分の強みがどれほどのものなのか、
客観的な視点でとらえることができて
いないのです。

客観的な視点とは、周囲の評価のことです。

自分の思い込みや主観的な判断は、
ビジネスにおいて何の役にも立ちません。

自分の強みに対して、周囲の評価が
それほどでもないとしたら、
その強み1本では勝負できない
ということです。

もしも、自分の強みが武器になり得ないと
分かっても、悲観する必要はありません。

もう1本の武器を作ればいいのです。

たとえば、自分の武器が話術だとすれば、
それに文章力を掛け合わせることも可能
です。

さらに歴史や哲学などについても勉強しておけば、
あなたの希少価値はグンと上がります。

自分の価値はこうやってデザインしていくもの
なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す