モチベーションの見つけ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「目標を他人から与えられては
いけない。目標は常に自分の
中から生まれてくるべきなんだ。」

 

タイガー・ウッズ プロゴルファー)

 

一口にモチベーションと言っても、
「内発的動機付け」
「外発的動機付け」

二種類が存在します。

「外発的動機付け」とは、
外部要因(報酬、懲罰)によって
モチベーションを高めることです。

比較的短期間で成果が得られやすい反面、
自主性が生まれにくく動機付けも
なかなか持続しないのが欠点です。

「内発的動機付け」とは、
内面的な要因(興味、関心)によって
モチベーションを高めることです。

本人の自主性に負うところが大きいので、
成果が上がるまでに時間がかかる一方、
一度心に火がついたらなかなか消えないのが
利点です。

もちろん、ここで2つの動機付けの優劣を
問題にしているのではありません。

「向上心」をかき立てるために有効であると
感じるなら、どちらも活用すればいいのです。

自主性がダレてきたと感じたら外部要因の力を借りるのも
手です。

逆に、気持ちが乗ってきたと感じたら、興味・関心の
赴くままに探求を進めていけばいいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す