天職の見つけ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「目の前にあることを
全力で一生懸命にやって
いると、次にやりたいこと、
やるべきことが見えてくる
というのが僕の持論で、
それは今も変わって
いません。」

 

(乙武洋匡 教育者)

 

ニートと呼ばれる若者の中には、
「やりがいのある仕事をしたい」
「本気になれる仕事と出会いたい」
と考えている人がいるようです。

しかし、それは一度も女性と付き合ったことの
ない人が、観念論で「理想の女性像」
追い求めるようなものです。

そもそも、一度も働いたことのない人には、
何が「やりがいのある仕事」なのか判断が
つかないはずです。

仮に、理想的な仕事があるとして、
何のスキルも実績もない若者にチャンスが
巡ってくることだけはありません。

いい女に惚れられるには、
それなりのいい男にならなければ
チャンスがないのと同じことです。

仕事は与えられるものではなく、
つかみ取るものなのです。

だったら、「急がば回れ」方式で、
焦らず目の前の仕事を愚直にコツコツと
こなしていくことです。

あなたのレベルが現状の仕事の器を
超えてしまえば、自ずとその器に
見合った仕事がやってきます。

やるべきことをきちんとこなす姿勢がなければ、
天職との出会いは永遠にお預けです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す