自信のつけ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自信をつける方法は簡単。
自分のことを誰よりも信じる
だけ。」

 

(竹中亮祐 投資家)

 

自信とは、「自分を信じる」と書きます。

つまるところ、「自信の強さ」とは
「どれだけ自分を信じることができるか」
によって決まります。

「自信がない」と口にするのは、
「自分のことが信じられない」と
告白しているに等しいのです。

では、自分のことを信じられるようになるには、
どうすればいいのでしょうか。

答えは簡単で、自分の「言葉と行動」を
一致させることです。

要は、自分との約束をどれだけ守ってきたか
によって、
自分への信用が決まるのです。

「毎日、日記を書く」と決めていたのに、
「眠いから」とか「飲み過ぎたから」といって、
簡単に自分との約束を反故(ほご)にする人がいます。

こんなことをしているから、いつまで経っても
自分への信用が高まらないのです。

結果、土壇場で「自信」がほしいときに、
自分のことを信用できなくなってしまう
のです。

自信をつけるのは、ある意味とても簡単で、

自分との約束を毎日きちんと守り通すだけで
いいのです。

あなたが自分から信用される人間になる頃には、
別人のように自信に溢れていることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す