歴史は繰り返す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「慢心というものの
やっかいな点は、
最初はすごく気分が
良いというところにある。」

 

(ジョン・オニール 経営コンサルタント)

 

私たちが歴史から学ぶべきは、
「どうすれば成功できるか」
といった成功法則ではありません。

偉人たちが「どうして失敗したのか」
という失敗法則にこそ、
学ぶべき点がたくさん存在します。

なぜなら、過去の偉人たちの成功法則を
学んだところで、偉人たちと凡人とでは
才能や能力が違いすぎて、
あまり参考にならないからです。

しかし、失敗パターンには偉人たちの
「人間くささ」がにじみ出ており、
拝借できる知恵がたくさん詰まっています。

ところで「歴史は繰り返す」
言われるのはなぜでしょうか。

そもそも歴史とは時の権力者の
意向によって、
形作られていきます。

つまり人の心の移ろいが
歴史を動かしてきたのです。

しかも人の感情が動くポイント、
すなわち喜怒哀楽といった心の動きは、
太古の昔から今に至るまで何も変わらない
のです。

歴史の学習は、いわば人生の予習です。

歴史を学ぼうとしないのは、
言わばぶつけ本番にエベレスト登頂を
目指そうとするのと同じくらい
無謀なことです。

歴史書をひもとくと、多くの偉人が
成功の階段から足を踏み外してしまうのは、
「慢心」という病に取り憑かれたからだと
分かります。

もしもあなたが「自分は大丈夫」と
高をくくっているとしたら、
それこそが既に慢心の兆候です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す