ハインリッヒの法則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「小さなことを怖れなさい。
大きなことは、どうにも
ならない。
小さなことを怖れなさい。
大きなことは、どうにかなるの。
小さなことを怖れなさい。
小さなうちに怖れなさい。」

 

(横山秀夫 小説家)

                   

 

労災における経験則に、ハインリッヒの法則
があります。

1件の「重大な事故」の陰には、
29件の「軽微な事故」があると
言われています。

その29件の「軽微な事故」の陰には、
300件の「ヒヤリ・ハット(ヒヤリとしたり、
ハッとさせられるような事例)」があるのです。

つまり、大事故を未然に防ぎたければ、
日常で絶え間なく起こる「ヒヤリ・ハット」にこそ
目を向ける必要があるのです。

単純に「ヒヤリ・ハット」を年間300件未満に
抑えることができれば、「重大な事故」を未然に防ぐ
ことができるかもしれません。

しかし、「重大な事故」は誰の目にも明らかですが、
「ヒヤリ・ハット」はついつい見逃してしまいがちです。

「重大な事故」を未然に防ぐための危機管理の
難しさは、まさにこの点にこそあるのです。

どうも最近「ヒヤリ・ハット」が続いているという人は、
要注意です。

もしかすると、「重大な事故」の前触れかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す