天は自ら助くる者を助く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「神に頼るとはなんたることだ。
自らの力で自らを助けたまえ。」

 

(ベートーヴェン 音楽家)

                                   

 

ベートーヴェンが、ピアノ奏者のモシェレスから
受け取った楽譜には、こう書かれていました。

「神の助けによって、
つつがなく演奏が終わりますように。」

そのあと、すぐにベートーヴェンもペンで
こう書き加えました。

「神に頼るとはなんたることだ。
自らの力で自らを助けたまえ。」

かの剣聖宮本武蔵も言い遺しています。

「神仏は尊べど、これを頼まず。」と。

神は、困っている人を助けたりはしません。

困っているさなかでも、独立独歩の姿勢で
人生を切り拓こうとする勇者を助けるのです。

「神頼み」に逃げようとする甘えん坊に対して、
現実は厳しい顔しか見せません。

しかし、「神頼み」を忘れて、ひたすら没頭する
健気な人間を放っておけるほど、
神様は情け知らずではないのです。

「やりきった」「ここで負けても悔いなし」と
清々しい笑みを浮かべた挑戦者の背中に、
神風が吹くのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す