自分の軸をもつ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「信念をもっている杭は
打たれない。」

 

(ウェイン・W・ダイアー 心理学者)

 

やたらと人の目ばかりを気にしている
人がいます。

「なんだか周りが自分のうわさ話で
盛り上がっているような気がして
落ち着かない」
というのです。

もしかしたら、それは実際に起きている
ことなのかもしれません。

しかし、あなたがそうやってオドオド、
ビクビクすればするほど周囲は面白がり、
ますます意地悪がエスカレートしていく
というメカニズムが存在するのです。

「人の噂も七十五日」という言葉もある通り、
放っておけば自然消滅してしまうのが
うわさ話です。

むしろ、どんなに悪口を言われてもあなたが
超然としていれば、それはそれで評価してくる人が
出てくるものです。

言葉は悪いですが、あなたにとっての
真実の友は、世の中に流されず
あなたの本質を見てくれる「変わり者」
の中にこそ存在するのです。

だから大事なことは、あなた自身が世の中に
流されない確固たる軸をもつことです。

大地の奥底から天の高みにまで届くほどの
一本の軸に身を任せ、悠然と風に吹かれるように
生きていれば、
つまらぬうわさ話の類などどうでも良くなって
きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. きりりん より:

    今日の解説の言葉が力強くてすごく好きです。覚えて残しておきたいです。
    「大地の奥底から天の高みにまで届くほどの一本の軸に身を任せ、悠然と風に吹かれるように
    生きていく」

コメントを残す