遊びをもつ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「親の命令が画一的で、
一から十まできちんと
統制がとれている家庭の子は
危険です。
それに対して、多少の悪さや
いたずらをしても大目に見て
もらえる家庭の子は、
あまり心配しなくていい。」

 

(河合隼雄 心理学者)

 

俗にハキハキ、キビキビとしている子どものことを、
「しっかりしている」と形容します。

ところで「しっかり」の語源は、
「確」だと言われています。

この文字には「石」という意味が含まれている
そうなのです。

つまり、石のようにどっしりと重く
動かないことを、しっかりと言うのです。

はたしてこれは褒め言葉なのでしょうか。

子どもというのは、人生の中でもっとも
自由にゆるんでいる時期です。

にもかかわらず、早々と自由にゆるむことを放棄し、
大人達のようにサッサと固まることが、
必ずしも素晴らしいことだとは思えません。

もちろん子育てに規律は必要です。

しかし子どもを上から抑えつけて、
がんじがらめにする必要はないと
思います。

子どもも一人の人間です。

無理やり抑えつけた反動は、
遠からず親に返ってきます。

子育てには真剣さだけでなく、
遊びも必要なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す