短気は損気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「怒るという行為は、
誰かに投げつけるために
直火にかけた石を握るような
ものです。
火傷をするのは自分…。
大火傷を負う前に、
その石を捨てることが
肝要なのです。」

 

(大村あつし 小説家)

 

大人のケンカでは、先に冷静さを
失った方が負けです。

怒鳴りつけたり、物を投げたりするのは
もっての外。

激高して暴力に訴えようものなら、
社会的な信用も失ってしまいます。

相手に怒りをぶつけた「その瞬間」は、
ひょっとしたらスカッとするかもしれません。

しかし、その数秒後には、何とも言えない
悔恨(かいこん)の情が押し寄せてくるのです。

他人に怒りをぶつけたら、最終的に傷つくのは
自分自身なのです。

リスクは、それだけではありません。

あなたが誰かに拳を振り上げる様子は、
周りの誰かが見ています。

次は、その人たちが敵方に回る可能性が出てくる
のです。

もしかしたら、あなたの味方だった人が
愛想を尽かすかもしれません。

怒りにまかせて行動すると、せっかく築いた人脈が
次々とぎれていくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す