幸福感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分の胸に「いま、幸せか?」
とたずねたら、途端に
幸福ではなくなってしまう。」

 

(ジョン・スチュアート・ミル 社会思想家)

                   

 

女性が「私のこと、愛してる?」と聞いてくるのは、
彼の愛に不安を感じているからです。

愛されていることに確信がある女性は、
かりそめにも「愛してる?」
なんて聞いたりはしません。

内心の不安を打ち消すための苦肉の策として
発しているのが、「私のこと、愛してる?」
という言葉なのです。

同じく、「いま、幸せか?」と自分の胸にたずねるのは、
「いま、自分は幸せではない」と薄々感づいているからです。

本当に幸せな人は、かりそめにも
「いま、幸せか?」なんて
問いかけたりはしないものです。

今ここにある不安を打ち消すための苦肉の策として
発しているのが、「いま、自分は幸せか?」
という言葉なのです。

幸せとは、その所在を確かめようとした瞬間に
消え去ってしまう陽炎(かげろう)のようなもの。

「幸せ」という実体のないものに根拠を求めた途端、
その本質は失われてかき消えてしまうのです。

なぜなら、「幸せ」とは他者との比較の中に探すもの
ではなく、ただ「在る」ことに気づくものだからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す