幸福論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「私たちの幸福のほとんどは、
その生まれ持った境遇にある
のではなく、私たち自身の心の
ありようで決まるのである。
    

 

(マーサ・ワシントン アメリカ合衆国
初代大統領ファーストレディ

 

経済的にも物質的にも裕福な環境にあって、
常に不満が絶えず、鬱々と心楽しまない
日々を
送る人がいます。

一方、経済的にも物質的にも貧しさの中に
あっても、瞳の中に希望の光をたたえて
生きる人がいます。

 

どうやら、幸福感の決定打となる要素は、
経済的な豊かさでも物質的な豊かさでも
ないようです。

 

つまり、何か「いいこと」があるから幸せで、
「いいこと」がないから不幸せというわけではないのです。

 

真の幸福感というのは、「外的な条件」には
一切左右されません。

たとえ何が起ころうと、どのような境遇に身を置こうと、
物事のプラスの側面に感謝できる人は常に幸せでいられます。

 

自己の内面が満たされれば、自ずと外側の世界にも
豊かさが波及していくのです。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す