幸福になる習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「幸福になりたいなら幸福を
感じる時間を増やし、
幸福を感じない時間を減らして
いくだけでいい。」

 

(リチャード・コッチ 投資家)

 

人生は、あなたがどんな習慣で生きているかで
決まります。

体型がポッチャリしている人は、肥満に近づくような
習慣の中で生きています。

教養の豊かな人は、勉強を習慣の中に取り入れて
います。

では、人生になかなか「幸福を感じられない」
という人はどうすればいいのでしょうか。

より「幸福になるための習慣」で生きて
いけばいいのです。

要は、あなたが幸せを感じる時間を
24時間の中に、意識的に位置づけていく
ことです。

それと同時に、あなたを「不幸にする習慣」を
バッサリと削除していくことも行わなければ
なりません。

なぜなら、「不幸になる習慣」を放置した
ままだと、それが幸福になるためのブレーキに
なってしまうからです。

では、あなたを「不幸にする習慣」とは何でしょうか。

その最たるものが、「不幸を感じる人間関係」
であると言えます。

気乗りがしないお誘いなどは、失礼の無いように
どんどんお断りすればいいのです。

いい人と思われるために、あなたが「不幸になる」
必要はどこにもないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す