成長し続ける人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「満足しないことは、
スキルを上げる唯一のテクニック。

    

(ウェイン・グレツキー アイスホッケー選手

 

「自伝を書くようになったら、
落ち目に入った証拠」
という言葉があります。

 

自伝を記すということは、ある意味
「功成り名を遂げた」自分の人生に
満足していることを意味しており、
向上心を失ったことを意味しているからです。

 

もしも、死ぬまで探究の手を止めずに
進歩し続けていきたいと願うなら、
決して自分の達成に満足しないことです。

 

成長し続けていく人は、山頂で
一息つくことはあっても、
また次の山の麓に立って
一歩一歩歩き始めます。

 

なぜなら、自分が究めようとしている
道の深さに畏怖の念を抱いており、
神の前に額(ぬか)ずく巡礼者のように
どこまでも敬虔な姿勢を崩さないからです。

 

目の前を次々と流れては消えていく景色に
目を見張りながら、淡々と歩き続ける冒険者。

それが、成長し続ける人です。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す