運気は隙間に舞い降りる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「行動の予定を立てるときは、
常に余力を残すこと。」

 

(バーナード・バルーク 投資家)

 

タイムマネジメントの本などには、
「いつ」「どこで」「何を」するかを、
緻密にスケジューリングすることを勧めている
ものがあります。

自堕落な生活がスタンダードになっている人に
とっては、ガチガチにスケジューリングすることにも
意味があるかもしれません。

しかし、ある程度人生をデザインできる力が
ある人にとって、ガチガチなスケジューリングは
「百害あって一利なし」です。

なぜなら、ガチガチに隙間なく予定が詰まって
いると、想定外の「偶然」が入り込む隙が
なくなるからです。

たとえば、お気に入りのカフェでのんびりくつろいで
いるときに、「運命の人」との出会いが待っているかも
しれません。

しかし、同時刻にあなたがそのカフェにいたとしても、
ガチガチに詰め込んだ予定をこなしていたらどうでしょう。

チャンスは目の前を、空しく通り過ぎるだけです。

それに、ガチガチなスケジューリングは一見
「生産的」に見えますが、心身に疲労が蓄積
するので、かえって生産性が下がります。

仕事においても安定して成果を出せるのは、
適度に「遊び」を持っている人なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す