運命の女神

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「もうよい。意地の悪い
運命の女神に悲しみの涙を
施して、これ以上
つけあがらせることはない。
我々を苦しめに来る者を
快く迎えてやれ。それに
平然と堪えている風を見せて、
逆にそいつを苦しめてやるのだ。

     

(ウィリアム・シェイクスピア 劇作家

 

運命の女神は、いじめっ子に似ています。

 

がっくりと肩を落とし、めそめそ泣いている人を
見つけると、さらに追い打ちをかけて苦しめます。

運命の女神は、嫌いな相手に対しては、
とことん冷たい一面を見せるのです。

 

逆に、何度叩きつけられても前を向いて
反撃のチャンスをうかがうような相手に対しては、
一目置きます。

運命の女神は、尊敬に値する人間には、
とことん寛大な一面を見せるのです。

 

下手に出てすり寄っていっても、
運命の女神は決してなびいてくれません。

運命の女神は、惚れた相手にしか
心を許さないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す