人事を尽くして天命を待つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人事を尽くして天命を
待つ。良い意味での
『開き直り』ができたとき
こそ実力を発揮することが
できる。それには、心身ともに
充実すべく周到な準備が必要
である。」

 

朝原宣治 元陸上選手)

 

人生が低迷している人が、運を拓く
唯一の方法は、
「誰にも頼らず自分1人でやる!」
と固く決意して、独立独歩の姿勢で
動き始めることです。

ほんのわずかでも、他人に依存する気持ちや、
外部に責任をなすりつける姿勢が残っている限り、
人生はひたすら低迷し続けます。

まことに皮肉なことですが、
やるべきこともせずに
「神頼み」に走る甘ちゃんに
対しては、
神は冷徹に見限ります。

逆に、誰にも頼らず健気に人生を頑張る人間を
ほっておけるほど、神は「情け知らず」ではありません。

「人事を尽くす」とは、人間だけの力で
やれるところまでやりきることです。

「天命」とは、全力を出し切った人間に
与えられる神々からのギフトです。

準備に準備を重ねて、「これでダメなら
あきらめよう」と、開き直った人間の
背中に向けて神風が吹くのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す