神は細部に宿る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「細部に注意を払えるか
どうかが、成功と失敗を
分ける。
だから、どんなに些細な
ことに見えても、小石を
一つ残らずひっくり返す
ようにして調べないと
いけない。
大半の人が成功できないのは、
限られた範囲の不十分な
調査しかしないからだ。
徹底的に調べること。
それによって、初めて
他の人より多くの知識を
得ることができる。
それは大変な労力を要する
ことだが、そのステップ
こそが人に差を付けられる
ところだ。」

 

(ジム・ロジャーズ 投資家)

 

建築家のミース・ファン・デル・
ローエが残した言葉に、
「神は細部に宿る」というものが
あります。

「頭1つ抜き出したければ、
誰も見ていない細部にこそ
手を抜いてはならない」
という意味です。

なぜなら、人目につく表の部分は、
誰もが手を抜かずに頑張ります。

だから、生半可な努力では周囲から
頭1つ抜け出すことはできません。

もしも、あなたが周りよりも際立つ存在に
なりたければ、誰も見ていない細部にこそ
全力を尽くすべきです。

細部まで行き届いた意識は作品に
命を吹き込み、やがて異彩を放つ
ようになるのです。

とはいえ、神が宿るほど細部にこだわるには、
鋭い感性を持ち合わせている必要があります。

細部にこだわれるのは、それだけ
才能があることの証なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す