目標設定の闇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「地平線の向こうに見える
魔法のバラ園を夢見るばかりで、
裏庭に咲いている花を楽しもう
としない人があまりに多すぎる
んだ。
まったくの悲劇だよ
」   

 

(ロビン・シャーマ 弁護士)

                   

 

いわゆる成功法則を実践している人の中には、
キッチリと「目標設定」をしている人も
少なくありません。

1年後の目標はおろか、5年後、10年後に
どうしていたいかまで、明確にしている人も
います。

そんな彼らには、ある特徴があります。

それは、常に「もっともっと」と
追い立てられるような「焦燥感」の
中で生きていることです。

達成できたことの満足感に浸るよりも、
達成できていないことへの不足感の方が
募るようです。

それでも、5年後、10年後に望む結果を
手に入れられた人はまだラッキーかもしれません。

しかし、手にした名声や財産とは裏腹に、
何か大切なものを置き去りにしたことに
気づかされる人も多いようです。

それは、家族との時間、プライベートの楽しみ、
友人との交流など、多くのものを犠牲にしてきた結果、
積み上げられた成功かもしれません。

何かを手に入れるということは、
何かを失うということでもあるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す