目標達成力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「明確な目標を定めたあとは
執念だ。ひらめきも執念から
生まれる。
」 

 

(安藤百福 日清食品創業者

 

京セラを一代で築き上げた稲盛和夫さんは、
目標達成ということに関して、こんな言葉を
残しています。

「不可能を可能に変えるには、
まず『狂』がつくほど強く思い、
実現を信じて前向きに努力を重ねて
いくこと。それが人生においても、
また経営においても目標を達成させる
唯一の方法なのです。」

「狂」とは、普通とか常識では推し量れないような程度
という意味です。

 

漠然と「そうできたらいいな」という
生半可なレベルではなく、寝ても覚めても
四六時中そのことを思い続け、考え抜く。
頭のてっぺんから、つま先まで全身を
その思いでいっぱいにして、切れば
血の代わりに「思い」が流れる。

それほどまでにひたむきに、一心に思うことが、
物事を成就させる原動力となるのです。

 

寝食を忘れ、ひたすらに強く思い続けることは、
言うほど簡単なことではありません。

自分の思いを潜在意識の奥底にまで
しみこませるためには、尋常ではない努力、
すなわち、「狂」の領域にまで足を踏み入れる
必要があるのです。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す