成功とはあきらめること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「無理なこと、適性のない
ことで努力をしても、
結局は勝つことができず、
『負けた』という意識を
引きずってしまいます。

 

(為末大 元陸上選手)

 

松下幸之助の言葉に、
「成功とはあきらめないことだ」
とあります。

しかし、凡人がどんなにあきらめずに
死ぬほど頑張ったとしても、
パナソニックを創業できるとは、
とても思えません。

天才の教えをそのまま凡人に
当てはめてはならない、
ということです。

「物事には二面性がある」
という真理に照らしてみれば、
「成功とはあきらめることだ」
とも言えます。

あきらめずに頑張ってもいいのは、
勝てる見込みがある分野が見つかった
人だけ。

逆に、適性や勝つ見込みがある分野が
見つかっていない人は、
「あきらめることを頑張る」べきです。

最悪なのは、適性や勝つ見込みがないと
薄々気づいていながら「もう少し、あと少し」
と、ズルズルしがみつくことです。

もはや、自分には「脈がない」と
気づいたら、スッパリと未練を
手放してあきらめない限り、
「次の出会い」はやってこない
のです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す