敗因を突き詰めろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「優れた人が優れているのは、
失敗を通して叡智にたどり着いた
からである。
成功から学ぶものなどたかが
知れている。」

 

(ウィリアム・サローヤン 小説家)

 

「勝ちに不思議の勝ちあり、
負けに不思議の負けなし」
という
言葉があります。

勝利には「偶然」の要素が入り込む隙が
あるが、敗北には必ずその理由があり
「必然」である、ということです。

勝負事において、必ずしも強者が弱者に勝つとは
限りません。

「予期せぬ偶然」で強者が自滅して、
勝利が転がり込んでくることだってある
のです。

その意味で、「勝ちに不思議の勝ちはある」
と言えます。

しかし、下馬評ではどんなに強者と目されていたとしても、
一度勝負に負けてしまえば弱者の立場に転落します。

つまり、「たまたま負けたのではなく、
弱かったから負けた」
ということです。

その意味で、「負けに不思議の負けはない」
のです。

優れた人は、勝ち続けているから
優れているのではありません。

敗因を1つ1つ分析して、
負けない工夫をしているから
優れた人になれたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す