光と影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分や周りにある影に
目をつむり、光ばかりを
見ようとする子どもたち。
それは幸福でなければ
ならないという強迫観念に
取りつかれた社会が生んだ
産物でしょう。
光しか見ないから、
ちょっと影に入るとイライラ
したりキレたりする。
それは決して幸せな姿とは
言えません。」

 

(曾野綾子 小説家)

 

一昔前に、物事のいい面だけを見る
「プラス思考」という考え方が流行りました。

確かに、悪い面ばかりに光を当てるよりも、
考え方や生き方が前向きになります。

しかし、物事のいい面だけしか見ないのは、
「世界の半分」に目をつぶるということです。

いわば、「臭い物には蓋」をした結果、
時折顔を覗かせる「影」の存在に
(おびや)かされる
ようになったのです。

そもそも、「光」は「影」があるからこそ存在できるのです。

「影」を悪いものとして切り捨ててしまえば、
「光」も同時に消滅してしまうことになります。

同様に、「影」は「光」があるからこそ存在しているのです。

すなわち、「影」から目を背けるのは、
あなた自身を否定することに他ならないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す