数の勝負

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「戦に勝るかどうかと兵力は、
必ずしも比例しない。
比例するかどうかは戦術、
つまり自分自身にかかって
いるのだ。

 

(織田信長 戦国大名)

 

戦いは、畢竟(ひっきょう)数で決まります。

これは、千古不磨(せんこふま)の真理です。

織田信長が、少数の精鋭を率いて今川義元の首を
挙げたのも、実は大きなギャンブルでした。

しかし、以後の信長は、二度とこうした
イチかバチかの奇襲には手を染めていません。

同じ手が二度通じるほど戦争は甘くはないことを、
信長はよく知っていたからです。

(いくさ)の正攻法は、つまるところ
圧倒的な数と物量で相手を制圧することに
あります。

旧日本軍がアメリカの前に屈したのも、
結局は数の勝負に負けたからです。

しかし、古今の歴史を紐解けば、
必ずしも数が勝利するわけではないことも、
また事実です。

三国志に出てくる「官渡(かんと)の戦い」では、
袁紹軍10万に対し曹操軍はわずかに1万で
これを破ったとあります。

ただし、これは曹操が数の勝負に勝利したことには
当たりません。

袁紹側の弱点に一点集中攻撃を行った結果、
ようやく手にした薄氷の勝利に過ぎないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す