友情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「友情というものは、
お互いに相手に対する
尊敬と親愛の念の
絶えざる持続がなければ
ならぬものである。」
  

 

(井上靖 作家)

                   

 

友情に限らず恋愛も含めた
すべての人間関係は、
お互いに惹かれ合うものを
感じるからこそ成立します。

もしも、相手に対する興味が薄れたり、
自分が相手から飽きられたりすれば、
その時点で関係は終わりを迎えるのです。

長年にわたって続く友情や夫婦関係と
いうのは、惰性だけで続くものではありません。

お互いの絶え間ない努力があってこそ、
相手からの尊敬と親愛を勝ち取ることができるのです。

芸能人カップルの不倫報道などでは、
浮気していた方ばかりが一方的に責められて
しまいますが、浮気された方も
同時に責めを負わなければ不公平です。

なぜなら、関係を維持する責任は
2人が平等に背負っているものだからです。

とはいえ、その気もないのに、ダラダラと
関係を続ける必要はありません。

「愛さなきゃ」とか「好きにならなきゃ」
頑張り始めるのは、愛や友情が終わりを告げた証拠です。

愛情と友情は、あくまでも権利であって
義務ではないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す