自由とは何か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自由とは、何かをなしたい
要求、何かを成しうる能力、
何かをなさねばならない責任、
この3つのものに支えられて
おります。
」    

 

(福田恒存 評論家

 

哲学者サルトルは、
「人は自由の刑に処せられている」
という言葉を残しました。

「人は、生まれながらにして究極の
自由を与えられている。
だから、自分の人生の意義や
役目など、自らの選択で
選び取らなければならない。
つまり、そこから生じた結果に
ついては、一切が自己責任であり、
いかなる言い訳も存在しないのだ」
と。

 

普通の人間は、自由の持つ本質的な「厳しさ」に
耐えられないがために、生まれながらに与えられた
「自由」をかなぐり捨て、「不自由さ」の中に
逃げ込んでいるのだ、とも言えます。

 

「自由」の中に生きるには、自由を希求する心、
自由を手にするだけの能力、そして、自由に伴う
一切の責任を負うだけの覚悟が求められのだ、
と福田恒存は言います。

自由とは、「甘ちゃんの避難所」ではなく、
ガッツある人間だけが引き受けられる1つの
「責任」のことなのです。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す