あなたのため

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人生とは、自己の命に喜びを
できるだけ多く味わわせるように
するところに、本当の生きがいが
ある。」

 

(中村天風 教育者)

 

「おまえのためを思って言っているんだぞ」
と説教してくる親や上司がいます。

その言葉が真実か否か、簡単に判別する方法が
あります。

親や上司の言葉に反論してみることです。

それで、親や上司がぶち切れてくるようなら、
100%「自分のため」に発せられた言葉です。

人の為と書いて「偽り」と読むように、
「おまえのため」と言いつつ自分の利益を
図るのはただの「おためごかし」です。

本当にあなたのためを思っている相手は、あなたを
無理やり従えようとはしないものです。

「従うかどうかはあなた次第」だとして、
自由意志を尊重してくれます。

「おまえのため」という言葉を振りかざしてくる相手は、
何とかしてあなたを説得して従えたいだけなのです。

これは、他人事ではありません。

あなたも誰かに対して「おまえのため」という言葉を
使って説得しようとしていないでしょうか。

偽りの言葉は偽りの行動につながり、
偽りの行動は
偽りの人生へとつながります。

まずは、きちんと「自分自身のため」に
正直に生きてみることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す